2006年05月17日

カラオケソング4「StayInMyHeart」DayAfterTomorrow

2002年 作詞・神田 美苑 作曲・鈴木 大輔

元EveryLittleThingの五十嵐充が、一歩先を行く音楽を目指して作ったユニットの一曲。ボーカルには「姉もエイベックスから歌手デビューしていた」当時17歳の神田美苑(こうだ・みその)を配して、鈴木大輔・北野正人が脇を固める布陣でエイベックスの本気を感じるようなデビューでした。
ただしさすがに五十嵐充というのはアコースティック化する前のELTにそっくりで「正直言ってボーカルが違うだけ」のようにも聞こえ、完成度の高さは感じましたが新鮮さは乏しかったです。
なおこの歌はドラマの主題歌にもなった歌で、私もカラオケではよく歌います。姉の歌は難しいのですが、妹の歌はなぜか歌える・・・こんな人は私だけではないと思います。

DAM精密採点・・・92点

posted by おとやしき館長 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 21世紀のうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケソング3「ビリージョエルは似合わない」清水宏次郎

1984年 作詞・秋元 康 作曲・林 哲司

この歌は竹宏次(竹の子族出身だから竹宏次)として以前に一度デビューしていた清水宏次郎の再デビュー曲ですが、こんな歌が出てしまうのが私の強烈な所「この歌」もカラオケで発見したときにはブットビました。杉山清貴&オメガトライブが好きだけど、多くの歌が難しくて歌えない私にはこの歌はもってこいなんです。作曲は当時最高の作曲家林哲司さんを使い、作詞にも康珍化さん使えば完璧だったのですが作詞家までは揃えられず「控えの作詞家」で代用・・・。
しかしこれが不幸中の幸いになってしまったのだから恐ろしい、だってアッキー(秋元康)の詞の方が歌いやすいんだもん!そのため私としては珍しく男性曲でも歌えるんですね。この歌に戻りますがイントロからしてドカーンと来て、さらに詞が「♪〜シャンパン開けたお前の瞳 涙のグラスみたいさ〜」とくるのでハッタリはすごいです。

DAM精密採点・・・83点
posted by おとやしき館長 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケソング2「HardToSayILoveYou」本田美奈子

1985年 作詞・秋元 康 作曲・筒美 京平

去年の夏頃この歌がカラオケに存在しているのを知った時は驚きました。この歌はファーストアルバムの歌ですが、ファーストアルバム収録曲にして永遠の名曲という感じの歌なんです。
本田美奈子さんは作詞家を松本隆さんに変えた3曲目「Temptation〜誘惑」でやっと売れましたが、松本隆さんが書いたのはこの歌だけでファーストアルバムでは他の作詞家に・・・。事務所がボンド企画という事で少女隊の前例にしたがい「素直になってねダーリン」や「ByeByeガール」を書いた秋元康が作詞。これこそ衝撃の始まりでファーストアルバムは彼女が生まれ変わるきっかけとなり、シングルよりもアルバムが売れてしまうアーティスト現象も起きました。
アルバム曲なのに人気がある「NovemberSnow」や、史上空前の官能ソング「Aperitif」など人気の歌は多いのですが、この中でも「HardToSayILoveYou」は特にすごい一曲です。タイトルからしてシカゴの「HardToSayI’mSorry〜素直になれなくて」のパクりですがデビットフォスター風イントロと間奏で度肝を抜かせ、最後のHardToSayILoveYouの繰り返し・・・20年後に訪れる「物語の結末を予感させていたかのような詞」だけにこの歌を本気で歌ったら泣いてしまいます。「NovemberSnow」も本田美奈子さんが亡くなったのが11月という事を考えたら当てたりすぎています。
私と学年が同じだけに「ILoveYou」というみんなが当たり前のように言えるはずのその一言が言えないまま、亡くなってしまった彼女を思えば思うほどつらいです。

DAM精密採点・・・85点
posted by おとやしき館長 at 02:29| Comment(3) | TrackBack(5) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケソング1「椅子」椎名法子

1999年 作詞・秋元 康 作曲・馬場 俊英

この歌何がすごいかって作曲したのが、現在再評価されているフォークシンガーの馬場俊英ですよ。
いかにもフォークソングの系統という一曲で私は大好きですがいかんせん知名度がなさすぎ、とんでもないのはアコギを弾いているのは「安全地帯の竹沢豊さん」という豪華版!
特にフォークを感じるのが最後のライライライライライ・・・が延々続くこと、でも彼女はどこに行ってしまったんでしょう。本当に秋元康が書いた詞のごとく「私には椅子がない〜居場所がわからない」という感じになってしまいました。

DAM精密採点・・・84点
posted by おとやしき館長 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 90年代のうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして!

はじめまして!
ついにseesaaでも作りました、おとやしき館長のMECKEYです。
ここでは知られざるマニアックソングの話や、有名曲の私ならではの視点での話を書いていきたいのでどうかよろしくお願いします。

「館長のプロフィール」
めさきひろかず 1968年1月26日生まれ(みずがめ座 Bo型)
埼玉県立志木高校卒業 オールナイターズ佐瀬和子さんの後輩&おニャン子クラブ会員番号2番の榎田道子さんのキャンパスメイト 
posted by おとやしき館長 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。