2006年05月20日

カラオケソング14「青いスタスィオン」河合その子

1986年 作詞・秋元 康 作曲・後藤 次利

おニャン子クラブ会員番号12番の卒業記念シングルという事で、秋元康・後藤次利ともに力が入った作品になっています。彼女の旅立ちという事で駅を舞台としていまして、いかにもそれっぽい世界を感じさせてくれます。
しかしながらその時のゴッキーの力の入り方は、この歌が発売されて六年たって彼女の苗字が河合から「後藤」に変わってから痛感させられました。

実はこの歌には裏物語があり「思い出着替えて」が最初のタイトルでしたが、このタイトルでは単純すぎるとして「風のチェルシー」に変更されました・・・。ただしこの歌が森永製菓のCMソングになることが決まり、チェルシーは明治製菓なのでフランス語で駅となる「青いスタスィオン」に再々変更・・・。こうして「この歌」はやっと羽ばたいていきました。
私もこの歌は非常に気に入っていて、私がカラオケをする時にはその子さんの歌は欠かせません。

DAM精密採点・・・92点

posted by おとやしき館長 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。