2006年05月18日

カラオケソング12「雪に書いたラブレター」菊池桃子

1984年 作詞・秋元 康 作曲・林 哲司

この歌は秋元康初のベスト3入り作品なのですが、歌い終わった後の「最後の仕掛け」は本当に衝撃的でした。まさか♪〜夜空の星が雪に変わってしまう夜あなただけに・・・と歌い終わった後に「メリークリスマス」とセリフで来るとは!こんな歌はシングルとしては初めてだったので、この「メリークリスマス」の一言に萌えてしまいました。
しかしながらシングルで初めてというのは同じ菊池桃子のアルバム「オーシャンサイド」に収められた「IWILL」で、すでに秋元康がこの必殺の一手をやっていました。そのためアルバムでウケたからもう一発だったのかもしれません。
ちなみにこの歌は私も好きなので一年を通してカラオケで歌いますが、最後のセリフ「メリークリスマス」が上手く言えないと本当に悔しいです。

DAM精密採点・・・91点
posted by おとやしき館長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18002362

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。