2006年05月18日

カラオケソング10「WOMAN」薬師丸ひろ子

1984年 作詞・松本 隆 作曲・呉田 軽穂(松任谷由実)

この歌は夏樹静子原作の「映画・Wの悲劇」の主題歌でした。そのため主演の薬師丸ひろ子が歌うことになりましたが、私としては誰が書いても売れた松田聖子(当時ドラマティックレインしかヒット曲がなかった秋元康でも1位になったでしょう)より、薬師丸ひろ子の方が松本隆の詞とししては好きです。

私もすごく気に入っていてこの歌の「手話歌」も作っていますが、MECKEYの場合は感覚が秋元康なのでかなり違った感じに見えるようす。それゆえに私は手話歌の世界では、選曲や作り方という点で異端的に見られています。

DAM精密採点・・・87点
posted by おとやしき館長 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17963935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。