2006年05月18日

カラオケソング8「二人静」中森明菜

1986年 作詞・松本 隆 作曲・関口誠人

この歌はある意味衝撃的でした。
私は「聖子対明菜」では明菜側にいたので、この歌を最初に見たときには驚きました。
最初に説明しますと松田聖子の歌は松本隆が中心となって作っていましたが、中森明菜の歌は「作詞家作曲家ともに百花繚乱」でした。
そのため作品的は変化がある中森明菜が好きでした。松田聖子&松本隆がパステルカラーとしたら、中森明菜は原色志向というように私は感じていました。
しかしながら松田聖子が休業し浮いていたということから、中森明菜側が松本隆さんを使うという禁断の一手に出たのです。これは私から見たらまさに衝撃的でした、それだけに中森明菜陣営も最高の人を使いたかったんでしょうね・・・。

DAM精密採点・・・88点
posted by おとやしき館長 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代の歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17958312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。